上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

野菜の高騰で我が家の食費が圧迫…いつまで続くのかは農林水産省ホームページで分かる

ここ最近野菜が梅雨の長雨のせいで高くなってきてますね。

 

といっても野菜無しでは生活出来ないので泣く泣く買うのですが、家の周りのスーパーは人参、じゃがいも、玉ねぎが特に高く、他のお野菜も例年に比べると高いので野菜を1週間で8個以上買う我が家にとってはかなり痛手です。

 

いつまで続くのかの見通し

いつまで高い状態が続くのかと農林水産省のホームページで調べましたが、我が家の地方は人参玉ねぎじゃがいもだけでなく全体的にまだ8月も高い状態が続きそうです。(泣)

 

ちなみに調べ方は検索欄で「野菜 生産動向」と調べるか、農林水産省のホームページから

・ホーム→生産→園芸作物→野菜のページ
⇒主要野菜の入荷量及び卸売価格の見通し→お住まいの地方クリック

⇒野菜の生育状況と価格見通し→最新をクリック
のページに進むと確認できます。

 

ネットの野菜も視野に入れる

日持ちがする人参じゃがいも玉ねぎに関しては通販の方が安い時もあるので、ネットで購入するのもありだと思います。

 

ネットだとまとめ買いで3~5,10kgで売られているものが多く簡単には食べきれない量ですが、大家族だったり、友人や親と分け合ったり、干したり冷凍して長期保存することも出来ます。

 

人参はヘタと先っぽを切って置くだけで野菜室で1週間以上は保存がききますし、玉ねぎはスライスして干したり、じゃがいもは日に当たらないように風通しのいい場所で保管するとまだ長持ちします。

 

干した玉ねぎは茶色く切り干し大根と同様の色や香りがしますが、スープにするといいお出汁も出るので生では食べられませんがおすすめです。

 

栄養価が増える冷凍野菜やきのこですが、我が家では食感や味を重視しているので極力せず、生で食べるか干して栄養価をUPさせて食べます。

 

もし真空の袋をお持ちであれば全ての野菜とはいえませんがある程度は長持ちします。

 

冷蔵庫の中は湿度が高く、どうしてもムシっとしたこの季節、他の季節よりは野菜にカビが生えやすかったりするのでよく見てから食べてくださいね。

 

あとは価格が安定している野菜やカット野菜や乾物、缶詰を利用したり、ドラッグストアや100円ローソンで買ったり、環境にもよりますが最大限に活用することでしか野菜が高い時期を凌ぐ方法はありません。

 

コロナで外食をいつもより抑えてる方が増えていると思いますが、1人で毎日作るのは大変ですから、たまにはホットプレートをみんなで囲んだり、テイクアウトで息抜きをしたりとあくまでも自分を追い込みすぎないでくださいね。