上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

上級食育アドバイザー・食育アドバイザーのW取得に向けて受講修了。

上級食育アドバイザーと食育アドバイザーのW受講修了しました。

↓詳細はこちら。

 

 

www.enjoy-housewife.work

 

私の勉強方法

  1. 教材を先に読んでスマホから添削問題を提出
  2. 教材を見ながらスマホやパソコンで動画を観ながらメモする
  3. 郵便局で受験料を振り込んで受験
  4. 届くまでの間にノートにまとめて勉強中←今ここ

といった風な流れで受講しました。

 

GWの期間や平日にも勉強をしたので約2週間くらいで両方の添削問題計6個を出し終えました。

 

謳い文句で1日何分で~と書かれていますが、私は気にせず集中力が持つだけ、キリのいいところまでと言ったふうにやりたい分だけ読みました。

 

想像よりも難しい

ネットでは添削問題は教材を見ながら答えるので簡単です!といったクチコミが多かったですが、実際は教材を見ながら答えるだけでもある程度理解をしていないと答えを探すのが難しかったりして、思ったよりも回答に時間がかかりました。

 

添削問題を全て出し終えただけでは当然全てを理解出来ているとは言えないので、覚えることが多い栄養学を中心にスライド集(教材)と動画を使って再度勉強しました。

 

スマホやパソコンでもDVDは見れる

動画はDVDが付属していますが、サイト上でパソコンでもスマホでも観る事が出来るので便利でした。

 

動画の大半は教材の内容を読み上げるだけですが、教材に書かれていない内容もあるので油断せずしっかりとメモする事が大切です。

 

受験は添削問題の最終を提出するとメールが届くのでそこに記載されているURLから申し込みをして、教材の中にある払込用紙に記入後郵便局で支払えば、約2週間で書類が届き受験出来る段取りになっています。

 

基本的にはネットでの受験となっていますが、ネットでの受験が難しい方は問題を郵送で送って貰うことも可能です。

 

手数料は郵便局のATMで152円

私は振込を郵便局で行ったのですが、窓口でやるよりもATMで行う方が手数料が安く済みました。 

 

何より郵便局のATMってハイテクで振込用紙をそのままATMへ入れると機械内で写真が撮られ口座番号や金額を写真で確認しながら手入力するというもので、初めてしたので驚きでした(笑)

 

まだまだスライド集を使って勉強しただけでは頭がパンクしそうで情報を整理出来ていないので、届くまでに頭の整理が終わらせてできる限り見ないで受験してみたいと考えています。

 

また受験結果については後日書きます。