上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

買う前に、やる前に立ち止まって考えること。

 

SNSやアプリに載っているお洒落な容器や収納方法を見るとつい買いたくなりませんか。

 

確かにカバーやケースのデザインがお洒落だと家がお洒落に見えますが、洗ったり拭いたりという手間が増えるのもまた事実。買う前に本当に我が家には必要か、便利だけど手間が増えないか、お手入れの時間が増えないか、コスパはどうかといつも考えてから買うようにしています。

 

買う前に本当に必要か見定める

例えばお肉を大量に買ってきたときは先に小分けにして冷凍庫で保存したりすると思いますが、わざわざジップロックに入れなくてもいいですよね。フリーザーに生物を入れると洗っても食中毒になると困るのと、1回使っただけで捨てるとお金もかかっちゃいますから、我が家はシンプルにビニール袋に入れて空気を抜いて冷凍庫です。袋は80枚で100円くらいなので気兼ねなく捨てられて便利です。

 

人参や葱、キノコ類と食パン、昆布はジップロックに入れていますが、使い終われば洗ってアルコールをかけ干してまた再利用しています。

 

最低限の容器やケースにすると手間が省ける

あとは冷蔵庫や冷凍庫、調味料や日用品などを整理するための容器や仕切りですが、これも我が家では洗う手間や乾かす場所を考えて必要最低限にしています。ここで必要最低限にしておかないと、大掃除などで洗った時に干す場所に困ったりと案外お手入れやが大変だったりします。

 

日用品はお店のようにディスプレイすればケースや容器が無くても分かりやすく、使いやすいですし、

日用品の写真

 

調味料はそのままの容器でほとんど使っていますが、どうしてもこぼれてしまうようなものはまとめて容器に入れたり、ごま油やオリーブオイルは垂れてきてしまうので広告や新聞紙を巻いて他の場所につかないようにしています。

調味料の容器



お肉は小分けにしてビニール袋に入れ部位の名前とg数を書いてまとめて容器に入れておけば使いやすいですし、余ったご飯はラップで包んでまとめて容器に入れ熱いうちに冷凍してしまいます。


f:id:aoisorax:20191210140051j:image


f:id:aoisorax:20191210135829j:image


無印やニトリでシンプルやお洒落な容器をみるとつい買いたくなるのですが、案外高かったりしますし、同じデザインや種類で揃えようと思えばそれなりに個数も必要です。

百均でも便利なキッチングッズ等売っていますが、買って使ってみても洗う手間を考えれば自分でした方が早かったりしますよね。それが百円という安さから気軽に買ってしまって結局1回使っただけだったり...。

 

あえて処分してから気づく必要のなかったもの

食器のかごの水受けに赤カビが生え、頻繁に洗わないといけなかったので100均の給水スポンジに替えれば快適になりましたし、先日はフライパンを立てて収納できるスタンドを思い切って捨てましたが後悔は全くしていませんし、キッチンで新しい容器が欲しいなぁと思った時はとりあえず余っているタッパーを使うようにしていますが、事足りているので前よりは無駄遣いが減ったのかなぁと感じています。

お金をかける前に自分で工夫してみる

めんどくさがりな私は調味料をお洒落な容器につめかえたり、無くなるたびに洗うのも煩わしい。

容器やケースを買うのはいいが指紋や油、汚れなどが目に入れば拭いたり洗いたくなる。

「お洒落」に興味はあるが、その「お洒落」に惑わされず費用対効果を考えてから買うのがどうも自分にはいいらしい。