上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

キャベツと卵と中華そばの材料3つとフライパン1つで簡単広島風お好み焼き!

 

お好み焼きってボリュームがありますが、野菜たっぷりで大人数でホットプレートを囲んで焼いても美味しいくて、私は特に卵とキャベツとタレが絡み合う広島風お好み焼きが大好きです。

 

今日は残り物のキャベツの千切りと中華麺と卵の3つだけで出来る簡単広島風お好み焼きを紹介します。

 

まず広島風お好み焼きって上から

  • 中華麺
  • お肉
  • もやし(他の具材)
  • キャベツ
  • 生地

 

って感じでかなり普通のお好み焼きよりも分厚い層になっていて具沢山なのでフライパン1つで作ろうとするとどうしても難しいのですが、今回はお昼や1人の時に簡単に作れるキャベツと卵と中華麺だけを使った広島風お好み焼きをフライパン1つで焼いてみました。

 

まず下の材料をボウルに入れて生地を作ります。

  • 薄力粉50g
  • 卵1個
  • 水60ml
  • (お好みでおだし←水の分量に含む)

全体がダマにならないように混ぜて時間があれば冷蔵庫で寝かせます。

 

次にキャベツの千切りをラップに包んで2分くらいチンしておく。(800W使用の場合)

 

ここまで出来たらテフロン加工のフライパンに中華麺ひと袋を入れて麺をほぐし、少量の水を入れてしばらく放置。

 

水が蒸発したらフライパン1面に中華麺を広げ、その上にチンしたキャベツを広げる。

f:id:aoisorax:20201011205843j:image

 

次は先程作った薄力粉の生地をお玉でだいたい1杯分くらいキャベツの上に掛けたらフライでひっくり返す。(多少失敗しても大丈夫)

f:id:aoisorax:20201011205852j:image

 

裏の生地が焼けたかな?と思ったら1度お皿にそのまま取り出し、卵を直接フライパンに割り潰して少し広げる。

 

卵に火が通りきる前に先程取り出した具材を今度は麺が下になるよう反対にして卵の上に乗せお箸などで軽くフライパンを1周させる。

 

あとはしばらく焼けばフライパンにお皿を被せてひっくり返すだけ。

 

ソースやマヨネーズ、青のりや鰹節を乗せれば完成。f:id:aoisorax:20201011205859j:image

材料3つとフライパン1つで簡単広島風お好み焼きの出来上がり☆

 

えっ、お肉入ってないし、もやしも無いのに…と思いますが、まずは食べてみてください。ソースがよく絡んでフライパン1つでもこんなに美味しく食べれるのかと思ってくださるはず!(笑)

 

私はむしろもやしの入ってない方が好きです。

 

もちろん途中でお肉を入れてもいいですが、今回はあくまでも洗い物が少なく工程も簡単、材料は3つ!とこだわったのでお許しを!(今回の工程でお肉を入れるならグリルやレンジで火を通す工程が増えます)

 

ちなみにキャベツにはビタミンUという胃酸の分泌を抑え、粘膜の修復を助ける成分があるので、胃が疲れた時なんかにもオススメです!