二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【毎日普通に掃除しても取れない】クエン酸+重曹パックでお風呂の床の黒ずみさよなら!!

毎日お風呂掃除しても摂れない皮脂汚れ

f:id:aoisorax:20190609143010j:plain

写真でうっすら薄黒くなっている部分が見えますか?

この家に住んで8月で3年目になるんですが、
毎日お風呂掃除をしてもどうしても皮脂汚れがこびりついてしまいます。

f:id:aoisorax:20190609143015j:plain

分かりやすく囲むとこんな感じ。
主人からするとよく見ないとわからないレベルです。

TOTOのほっからり床

我が家のお風呂はTOTOのほっからり床。
お風呂に入った後も自然と水が切れて、入る時も床が柔らかく冷たくないというもの。

毎日床をブラシで掃除をしていても皮脂汚れがこびりついてしまう原因が、
ほっからり床に使われているFRP(繊維強化プラスチック)です。

プラスチック自体が皮脂汚れなどが付着しやすい(プラスチックのコップやお風呂の椅子なんかもそう)ので、
これは仕方のないことなのですが、どうしても気になってしまうのでどうにか落とせないかと試しました。

お風呂の黒ずみはアルカリ性

黒ずみは水道水のカルシウムやマグネシウム+石鹸の油脂+人間の皮脂汚れで出来ています。
これらの汚れを取るなら酸性の洗剤で落とす必要があります。

酸性の洗剤というと、

  • お酢で出来た洗剤(ティンクル等)

だいたいこんな感じの商品が多いです。

クエン酸+重曹で黒ずみピカピカ

酸性の洗剤をわざわざ買いに行くのもあれなので、いつも家に常備しているクエン酸重曹で黒ずみが取れないか試しました。

クエン酸にはカルシウムを溶かす、アルカリ性の物質を中和するといった働きがあります。
その働きを活かすと水道水のカルシウムやマグネシウム、石鹸の油脂を中和して取れやすくしてくれます。

  • 重曹が得意とする汚れ

重曹は弱アルカリ性で、酸性の油汚れを中和してくれるのと、水に溶けにくい性質なのでクレンザー(やすりのような)の役目があります。
重曹クエン酸と混ざると二酸化炭素の泡となるので、こびりついた汚れがより取れやすくなります。

重曹+クエン酸でお風呂パック

f:id:aoisorax:20190609143040j:plain

重曹クエン酸のいいところを活かして、お風呂パックしてみました。
やり方は簡単。

  1. お風呂の床を濡らす
  1. 重曹をまんべんなく撒く
  1. クエン酸重曹の1/3くらいの量で撒く
  1. ラップを上からする
  1. 時々ラップがガスで膨れるのでガスを抜いて床とラップを密着させる
  1. 1時間くらい置いたらラップをはがしてブラシでこすってよく洗い流す

ピカピカ!!

重曹だけでみがいてもとれなかった黒ずみが綺麗に取れました。

f:id:aoisorax:20190609155755j:plain

重曹を溶かしたものを素手で触ると皮膚が荒れたり、溶けてしまったりするので、
手袋やスリッパを履いてからお試しください。