上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

プリーツタイプのマスクの表裏の見分け方法、マスクの注意点。

 

新型コロナウイルスやインフルエンザ、花粉症などの影響で街中でマスク姿の方を良くお見かけしますが、マスクをきちんと表裏間違えずにつけられていますか?

 

 

www.enjoy-housewife.work

 

立体マスクとプリーツマスク

最近では立体型とプリーツ型の2つが主流ですが、この2つのマスクにはそれぞれ特徴があります。

 

立体マスク

顔の形にほぼピッタリフィットし湿度を保つ形状なので、ウイルスや花粉をしっかり防ぎたい方、または喉の乾燥が気になる方、眼鏡が曇るのが嫌という方に向いています。

 

プリーツマスク

こちらもウイルスや花粉を防ぐことができるのですが、立体マスクに比べると通気性が良く呼吸がし易いのと、比較的お値段も抑えられますから、毎日使う方や、長時間つける方に向いています。

 

マスクの付け方と裏表の見分け方

マスクをつける際ですが、まずプリーツを鼻から顎まで覆うように縦に広げ、次に鼻の針金の部分をフィットさせ、軽く押えたまま耳へゴムをかける。

このような流れで着けます。

 

鼻が出ていたり、マスクのサイズが合っていないものは間違っており、マスクの効果が十分に得られないため、正しい方法でマスクをしましょう。

 

特に良く見ないといけないのがマスクの表裏。

マスクの表裏ってパッとっ見ただけではあまりわかりませんし、同じだと思いがちですが、裏表を間違えるとプリーツの部分に花粉や菌が溜まってしまうので、マスクの効果が十分でなくなってしまうのです。 

 

よくゴムの付け根が裏側にあるか、表側にあるかで見分けるというのを聞きますが、その方法で見分けるのはメーカーによってバラバラなのでおすすめ出来ません。

 

というのも、より肌と隙間を無くすために外側についているメーカーや、人から見えないようにと裏側についているものなど本当にバラバラだからです。 

 

いちばん正確な方法はやはりパッケージに沿って見分ける方法ですが、会社から支給されたり、パッケージがない場合もありますよね。

 

そんな時はプリーツのヒダの向きで裏表を見分けてください。

 

  1. プリーツの向きが下
    f:id:aoisorax:20200215185329j:image
  2. 溝が裏側

    f:id:aoisorax:20200215185528j:image

 

マスクの取り外し、処分方法

マスクは1日1枚と言われていますが、基本的には取り外してしまえば再利用するのは良くないので、できれば取り外したらその場で捨てて、再度つける際は新しいものを使ってください。

 

取り外しする際はマスクの表の面を触らないようにゴムだけをもって取り外し、取り外した後はすぐにビニール袋に入れるか、蓋つきのごみ箱に捨て、手や服に触れないようにすることが大切です。

※机の上やどこかに置いたままというのは危険ですので必ずその場で捨ててください。

 

捨てた後はよく手を洗うことでより菌を防ぐことができます。

不織布で出来た使い捨てのマスクは基本的に洗濯して再利用は出来ません。

再利用して使った場合には形だけのマスクで効果はほとんどないと思ってください。

※メーカーにより洗えるマスクもあります。