二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【家事のストレス対策】水切りトレーがストレスで食器をどう乾かすか迷った結果、我が家は水切りかごと水切りマットの併用にした。

水切りかごのトレーを不衛生だと感じた

今の家に住み始めた頃は水切りかごと付属のトレーを使ってました。

ただ水切りかごひとつでは主人のお弁当や精米機のかご、お茶を入れるポット、朝ごはんの食器、食洗機に入りきらないキッチン用品などを毎日洗って乾かしているので、食洗機(毎日1回使用)と併用しても足りず2つ横に並べて対面キッチンの壁に引っ掛けて使うという使い方をしていました。

 

その使い方を2年ほど続けていましたがどうも不便で、掛けている壁付近に水は飛び散ったり、水切りかご2つの存在感に圧迫感を感じだしたのと、水切りトレーに赤カビが生えたりしてお手入れも手間だったのと不衛生で嫌でした。

 

ネットで突っ張り棒に水切りかごがついたものや、置き場所がなくても食器が二段におけるもの、水切りマットだけの使用方法などがありましたが、我が家のキッチンには合わず、新しい水切りかごを買うとなると結構高くてどうしようかと悩んでいました。

買ってきたのはDAISOの水切りマット

f:id:aoisorax:20190419120036j:plain

結局選んだのは水切りかご×水切りマットという組み合わせ。

 

DAISOの洗えるタイプを選んだのは珪藻土などだとまたカビが生えるのではないかと思ったのと、どのくらいの給水力があるのか心配だったのでとりあえずは気に入らなくてもすぐに買い換えられるようなお手頃価格である必要がありました。

 

他の百均にも行き何個か見ましたが材質的に水をはじいてしまうように見えたのとサイズの問題や色、デザインが少なく、雑貨屋さんのはコスパを考えると少し高めで毎日洗って使いたい私には不向きでした。

 

やっぱり毎日の生活で必要不可欠な日用品は値段を考えずに洗えたり捨てられたり、気軽に使えることが大事だと思っています。

使用方法

f:id:aoisorax:20190419120056j:plain
サイズはだいたいで買いましたが我が家で使っている水切りかごピッタリでした。

使用方法は水切りかごの下に敷くだけ。

 

我が家では左が急ぎじゃない半乾きの食器用、右側はその日のうちにまた使う予定のある食器用に分けて使用しています。

 

あとは乾いた食器を片付けたあとに使った水切りマットを洗濯機に入れ、洗い替えの清潔な水切りマットを下に敷くだけ。

 

使用感

この方法にしてから二つの水切りかごの置き場所を確保する必要がありましたが、今のところ特に不満もなく、むしろ水切りトレーを洗う手間も無く、洗い替えは洗濯すれば良いだけなので重宝しています。

 

水分は思ったよりも吸ってくれているので、水切りマットを交換する時に置いていた場所が濡れてないか見ましたが、余程でない限り濡れることはありませんでした。

 

干すときも特に場所をとることもなく、メッシュのおかげですぐに乾いてくれるので雨の日でもすぐに乾いてありがたいです。

注意点

強いて言えば、DAISO製なので裏地のメッシュが洗濯機の衝撃で端の方から取れてきましたが、まだ充分使えるのでそのまま使っています。