二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【毎日の習慣化で改善】太る原因は血糖値の上昇が原因!?白ご飯より炒飯の方がいい?


f:id:aoisorax:20190926214614j:image

私自身、日頃そんなに運動をするタイプでは無いですが、年齢を重ねても体型変わらずいれたらいいなぁと数年前から続けていることがあります。

 

それは大きく分けると、「あいうえお体操」「階段一段飛ばし」「食事前にナッツ」の3つです。

 

太るのは血糖値の上昇が原因

以前はカロリーが高いものを食べると太ると言われてきましたが、最近では太ることだけに限って言えば血糖値の上昇が原因と言われています。

 

どういう仕組みで太ってしまうのかというと、食事を摂るとまず体内で栄養を吸収するのですが、この時に血糖値が上がります。

 

この血糖値は上昇が急であればあるほど、血糖値を下げるときに分泌されるインスリンが過剰に出てしまいます。

 

インスリンの働きは血中の糖を脂肪に変換して溜め込もうとするので、血糖値の上昇が急=インスリンの分泌が過剰=脂肪がつきやすいということになります。

 

血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンが過剰分泌されないので問題ありません。

 

血糖値の上昇を緩やかに

  • 食事前にナッツ(無塩ロースト)
  • ヨーグルト
  • カカオ70%のチョコレート
  • 玉葱やにんにくを生で食べる

 

独身時代から食事の前にナッツやチョコレートを食べていたのですが、結婚して主人のコレステロールを気にするようになってから、食事の最初に生の玉葱やにんにくの醤油漬けを食べるようになりました。

 

これ以外にも海藻類、オリーブオイル、野菜などから食べるといいとされています。

 

白ご飯よりも炒飯の方が上昇しない

ご飯を食べるときは血糖値の上昇を緩やかにするため野菜(炭水化物でないもの)→おかず(たんぱく質)→ご飯(糖質)の順で食べることがいいとされています。

 

やはりご飯や小麦粉で出来たものなど炭水化物は血糖値の上昇がしやすいのですが、炭水化物を食べない方がいいという訳ではありません。

 

あえてここではg数を書きませんが、炭水化物はエネルギー源になるのでダイエット中であっても食べる必要があります。

 

意外なのは白ご飯よりも炒飯の方が血糖値の上昇が緩やかということ。カロリーばかりを気にされていた方には驚きではないでしょうか。なぜ緩やかかというと、白米が卵にコーティングされているからです。

 

オススメの食べ方

まずナッツ等を食べてからおかずを食べます。我が家ではおかずは多めに作るので白ご飯はむしろおまけ程度に考えています。

 

もともと白ご飯が苦手な私は無意識におかずを食べてまだお腹に入りそうであれば白ご飯を食べるようにしていたのが今の体型を維持できている理由のひとつかもしれません。

 

あいうえお体操

これは毎日朝の洗顔のあとに化粧品を塗りながらやっています。洗顔の後じゃなくてもいいので、あまり人に見られないところで躊躇せず、思いっきり動かすことが大切です。

 

あ…思いっきり口を大きく開けます

い…唇や頬が横いっぱいに広がるように

う…口を思いっきりすぼめる

え…口を広げながら舌を出す

お…口を縦に「O」のように広げる

 

これを数回に分けてもいいので10セット行います。

慣れるまでは目の下の頬周辺が痛くなったりすると思いますが続けてみてください。

 

この体操で人によってはほうれい線が濃くなったりする方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントは顔全体の筋肉を動かす意識を持ってゆっくりとすることです。

 

階段一段飛ばし

年齢を重ねるとどうしてもお尻が垂れてきてしまいます。ガーターや矯正下着を履いて隠しても根本的な解決にはならないので、出来れば根本的に改善をしていくことが重要です。

 

階段一段飛ばしをすることで太ももからお尻にかけての筋肉が締まり足が細くなってきたり、インナーマッスルが鍛えられることでお尻が垂れてくるのを維持出来るようになってきます。

 

試しにお家の階段で一段ずつ上るのと、一段飛ばしで上るのと試してみてください。お尻と太ももの境目の筋肉の動きが全く違うと思います。

 

数年前からしているせいなのか、一段飛ばしの時は筋肉でカチカチです。こうして少しでも年齢による老化に対抗できればと毎日続けています。

 

お家の階段で慣れれば、お店でエスカレーターを選ばずに一段飛ばしで楽に階段を上れるようになってくると思います。

※筋肉はいきなり改善されるわけではないので、長い時間をかけて取り組む必要があります。

※身体に負担がかかるのでしんどくなった場合は量を減らしたり、調整してください。

 

便利に頼りきらない

このご時世、便利なものが増えてどうしても身体を動かす機会が減りがちです。ですが、運動不足でもエスカレーターは使わず階段を一段飛ばしで上る、毎日分けて手で拭き掃除をする、テキパキ動く。

 

そんなルールを続けているからか、同世代よりは息切れしにくく、まだ体力もある方なのかなぁと思っています。

 

これから年齢を重ねていくなかでもこれだけは続けていきたいマイルールです。