上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

二人暮らし、いいフライパンが2つ、あとはハードに気にせず使えるフライパンだけでいい。


ネットやお店に行くと色んなフライパンや小鍋が並んでますが、普段どんなものを使ってますか?

 

ホーロー、アルミニウム、鉄、ステンレスで造られている物が多く、それぞれ向いてる料理やお手入れの方法、コーティングなど色々な種類があります。

 

アルミニウム

アルミニウムで出来たフライパンやお鍋は熱伝導がよく軽いので、汁物や下茹でに向いています。

 

ただ酸やアルカリに弱く錆びやすかったり、変色しやすいので本来は鍋に入れっぱなしにはせず、器に入れて直ぐに洗った方が長持ちします。

 


鉄は、炒める・焼く・揚げるに向いており、高温に強く強火でも調理出来ます。焦げ付いてもたわしでゴシゴシ、使い込めば油が馴染んで焦げにくくなります。

 

ただしホーローと同様に重さがあり、お手入れをしないと錆び付いてきます。

 

しかし最近の鉄フライパンは昔ほど錆びにくくお手入れが難しくなくなってきており、各メーカーにもよりますが、洗剤で洗ってもいい、拭かなくてもいい、使う前の油回しだけでいい…色々な特徴があります。

 

煙がもうもうとするまで予熱をしてから炒める野菜炒めは絶品です。

 

ステンレス

ステンレスは保温性が高く、煮物や天ぷら等に向いています。ただ熱伝導は良くないので最近ではステンレスの間にアルミニウムを挟んだものが多く、アルミニウムの熱伝導でカバーしています。

 

焦げ付きやすいので予熱や油が必要になりますが、中には無油調理出来るものもあります。

 

ホーロー

ホーローは鉄や銅製の鍋にガラス質の釉薬を塗った鍋。酸に強く保温性に優れていて、熱伝導もよくムラが少ないのでどんな料理にも向いている優等生。

 

ただ重たさがネックで女性にはなかなか持ち運びが辛いのと、ヒビが入りやすいので丁寧に扱う必要があります。もしヒビが入るとそこから錆びてくる可能性もあります。


どのフライパンを選ぶか

買い替えたり、新しい生活が始まって買い揃えたりで1度はどれを買おうか悩んだことがあると思います。

 

我が家おすすめは、いいフライパンを2つ、あとは何も気にせずハードに使えるフライパンを2,3個揃えること。

 

我が家の場合、
1つ目は火力を全く気にせずに使えてたわしでゴシゴシ、食べる前の油慣らしだけで済む鉄フライパン。

 

2つ目は焦げ付いてもクレンザーでゴシゴシ、煮物や無油・余熱調理出来るタイプのステンレス。

 

あとはお味噌汁やオムレツ用に低価格で買えて簡単に買い替えられるアルミニウムの小鍋や平たいフライパン。

 

フッ素樹脂加工やダイヤモンドコートなどされているものを使っていますが、木べらを使うとコーティングが剥げたりと、取り扱い方法を気にするのが面倒なので500円~1500円までくらいの物で気にせず使って、2.3年でコーティングが剥がれて来たら買い替えるようにしています。

 

もちろんこれは我が家の場合であって、家族の多さやIHだったり、作る料理のレパートリーが違うと、選ぶ素材もフライパンの数も違うとは思います。

 

ただ、使い勝手のいいちょっと値の張るいいフライパンと、値段も気にせずハードに使えるフライパンがあると作る側の気持ちも上がり、お野菜やお肉、魚もフライパン次第で味が変わったりして今よりも美味しい料理が食べられます。

 

炒め物や焼き物が多いなら鉄フライパン、煮物にはステンレス、フライパンを振らなくてもいい料理にはホーロー、オムレツやパンケーキ、汁物にはアルミニウムとこんな感じで用途に合わせて選んでくださいね。