上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

ステンレス鍋で作る煮込み料理は最高!宮崎製作所のジオプロダクトの使い勝手。

アサヒ軽金属から宮﨑製作所のジオ・プロダクトへ買い換えました。

f:id:aoisorax:20200329171308j:plain

二人暮らしだと20㎝くらいのお鍋で十分なようですが、
そこからかき混ぜる時にこぼれそうになるという口コミを見つけたので、
お野菜を多めに入れることが多い我が家は22㎝にしました。

アサヒ軽金属のオールパンゼロは多孔質アルミという材質で鋳造によって作られているものでしたが、
ジオ・プロダクトはステンレスの間にアルミがサンドウィッチされたもの。

クレンザーでこすり洗いできるジオ・プロダクトのお鍋

なので↓のサイトにも書かれていますが、錆びたり焦げ付いた場合は傷を気にせずクレンザーを使って
ゴシゴシグルグルとこすり洗いをしても大丈夫。

www.miyazaki-ss.co.jp
↑のサイトには付属のクッキングガイドよりも参考になりそうなお客さんやスタッフさんからの調理のコツや方法、お手入れ方法等がたくさん載っているので、購入を迷われている方や、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧くださいね。
最近のフライパンは傷をつけたりするのは基本的にご法度とされているので、
鉄フライパン同様こすり落とせるのはありがたいです。

他のフライパンは強火にするとコーティングがはがれやすかったり、
傷んでしまうという理由から中火までしか使えなかったりしますが、
ジオの場合は熱伝導率がいいので強火にすると焦げ付きやすくなるという理由から、
中火や弱火での調理をすすめています。

お鍋の中に入れっぱなしはおすすめは出来ないが可能。

付属の説明書の中に
お鍋の中に料理を入れっぱなしにしないでと書かれていますが、上記のサイトではあくまでもステンレスの錆びを防ぐために記載しているもので、すぐに錆びたり体の害になるようなものが溶け出すわけではなく、錆びた場合でもクレンザーで磨き落としてまた使えると書かれています。

ジオプロダクトの特徴

おろしたてのお鍋を使うときはあらかじめお酢で拭いて洗剤で洗うと奇麗になるそう。
(我が家もこの方法でおろしましたが、お酢と金属の匂いで何とも言えない匂いが広がりました(笑))

食洗器で洗えない、取っ手が取り外せないという不便な点もありますが、オーブンやIH対応はもちろんのこと、無水調理や無油調理もでき、
ウォーターシール効果で予熱調理に向いていることから、光熱費の削減にもつながるそうなのでこれからの料理が楽しみです。

重さは見た目や想像よりも軽く、取っ手もステンレスなので熱くなって持てないかと思いきや、中火や弱火の場合はほとんど大丈夫そうで、
万が一取っ手が熱くなっているときは火力が強すぎたり、隣の鍋のもらい火だそう。

調理方法で驚いたのがパスタをゆでる際は沸騰したら火を止め蓋をすれば予熱で茹で上げることができるというもの。(分数はパッケージ通り)

パスタが予熱で茹でられるのであれば煮物や汁物も今よりも光熱費と時間短縮が出来そうなので楽しみです。
他にもご飯やお菓子、ホットケーキなどにも使ってみていろいろ試してみたいと思います。

保証も15年としっかりとしており、保証書がない場合でもできる限りの対応をしますと書かれているのでまずは安心です。

簡単なQ&Aはこちらのサイトでもご覧いただけます↓
www.miyazaki-ss.co.jp


中火で湯気が出始めると弱火にし煮込んでからあとは余熱で冷めるまで…

と思いながら煮物を作ってみましたが、余熱でお鍋が2時間以上経っても冷めないのは驚きでしたし、お野菜のお出汁がよく出て美味しかったです。

f:id:aoisorax:20200403165308j:plain