上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

新型コロナウイルス、マスク着用で効果認められず。大切なのは手洗いうがい、触らない。

 

新型コロナウイルスの感染者数や死者がニュースを見る度に増え、街中でもマスク姿の方をよく見かけたり、マスクを買い占める方をニュースで見かけたりしますが、果たして予防法としては効き目があるのか調べてみました。

 

新型コロナウイルスにどうやって感染する?

今のところ新型コロナウイルスに感染する方法として考えれているのは飛沫感染接触感染。

 

くしゃみや咳で広まったり、または感染した人に直接触ったり、感染した人が咳やくしゃみ等がついた手でドアノブやスイッチ等に触れ、それらを触ってしまうことから感染するケースがあります。

※特殊な環境以外では空気感染しないと考えられています。

 

マスクだけで予防は出来かねる

首相官邸HPや厚労省HPでは、予防用にマスクを着用することは、混みあった場所、特に屋内や乗り物などの換気が不十分な場所では1つの予防策として考えられるとしていますが、相当混雑していない限り、効果はあまり認められていません。ともされています。(2020.02.10現在)

 

ということは、接客業等で接触する場合や、相当混雑している場所に行く方以外はマスクでの予防は、はっきりとした効果は認められていないということです。

 

マスク以外でも出来る様々な予防法

  • マスク着用時でも言えることですが、目や鼻、口等を触ると粘膜に付着し体内へと侵入してしまう可能性があるので、顔の周りは触らない。再利用もしない。
  • マスク着用時の取り外しはマスクの表面を触らず、紐だけを触って取り外しする。
  • ご飯や帰宅時は必ず手洗いうがいやアルコール消毒をする。その時は肘もしくは最低でも手首まで洗うことが重要。
  • うがいをする際は初めからうがいするのではなく、必ずグチュグチュをしてからうがいをしてください。(うがいを初めにすると口内のバイ菌が喉奥に入ってしまう可能性があります。)
  • マスク着用時は鼻から着用し、鼻を覆い、頬や顎の隙間を無くす。
  • 出来れば湿度を50~60%に保ち、喉の粘膜を保護する。

 

www.enjoy-housewife.work

 

 

家の中も綺麗にすることが大切

 

外出時も家の中も携帯って持ち運びしていますよね。

例えば知らない間に感染した人の咳やくしゃみに触れていたとしたらどうでしょう。

 

そのまま携帯を触ると当然スマホにも菌が付着する可能性があり、最初に書いたように飛沫感染だけでなく接触感染もすると考えられているので、帰宅後手を洗っても、また菌のついたスマホを触ると手を洗った意味があまり無いと考えられます。

 

あとはドアノブやスイッチ。

帰宅後手を洗う前に先にドアノブやスイッチを触ってませんか。そのドアノブやスイッチ、お風呂上がりや手を洗った後に触ってそのままご飯を食べてませんか?

 

このようにマスクを着用によりウイルスを予防出来ると思い込みがちですが、実は周りにはたくさん原因となる物があります。

 

考え出すとキリがないほど様々な原因があるので、マスクだけとは言わず、様々な予防法で対策することが大切です。

 

送られてくる手紙や輸入食品で感染するのか

厚生労働省のHPでは今のところウイルスが見つかったところから届いた物品から新型コロナウイルスに感染したという疫学的情報はないとしています。

 

WHOも一般的にコロナウイルスは手紙や荷物のようなもので長期間生き残ることは出来ないとしています。(2020.02.10現在)