上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

入るべきは保証!4年目のダイキンエアコンにP9のエラー表示が。

エラー表示の見方

先日夜に寝室でいつも通りダイキンのエアコンをつけてさぁ寝ようとしたところ、通常運転の時に点いている緑色のランプが点滅しはじめました。

 

ここ最近のダイキンエアコンを使っている場合はリモコンの蓋を開き、右下の削除/終了のボタンを長押しするとエラー表示されます。

 

今回はP9だったのでダイキンのホームページでエラーの内容を確認すると加湿ユニットファン異常でした。

 

これはいわゆる室外機の加湿ファンに不具合がある状態で、エアコンの電源を切って1分程してから再度運転しても点滅が続く場合は修理点検の依頼が必要になります。(点滅がしなくなって通常の状態になった場合は一時的なエラーだと思われます。)

 

我が家のは点滅が消えなかったので、購入した家電量販店の保証書を確認すると、10年保証に加入していたので、家電量販店に電話し、エアコンの時期でお忙しいのにも関わらず即日対応して頂けました。

 

通常だとダイキンのメーカー保証は1年なのですが、家電をまとめて買った際にポイントがたくさんついたので、たまたまポイントで保証延長していたものでしたが、いつもなら大丈夫だろうと入っていなかったと思います。


結果は室外機の部品の取り寄せ交換だけですみました。

 

保証延長していたおかげで今回は出費もなく難を逃れましたが、大きな家電でよく使うものについては今後も購入時に保証を延長しようといい勉強になりました。

 

ちなみに。

ちなみに今回ダスキンのお兄さんからエアコンで効率的に部屋を冷やす方法をお聞きしたのですが、部屋の隅からエアコンに向けて対角線上に扇風機を設置すると天井付近に溜まりがちな暖気を効率よく冷やすことが出来るそう。

 

あとかなり推されたのが内部クリーン機能。

これはエアコンの機種にもよりますが、運転停止後数分~数十分送風を出してエアコンの湿気などを取り除き内部をカビにくくするという機能。

 

ダイキンのホームページによるとこの内部クリーン機能は1回につき電気代が3~4円程で済むそう。

 

そんなにかからないのでカビだらけの空気を吸ったり、故障に繋がるよりはマシかと内部クリーン機能をつけるようにしましたが、梅雨の時期だからか1時間半くらいついてます。

 

内部クリーンのボタンを2秒押すと途中で止める事も出来ます。

(運転中に2秒長押しすると元々の機能自体を止めることが出来ます)

 

※今回出たエラーP9はあまり出る機会は無いそうです。