上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

茄子×じゃがいも×山芋×大根×ごぼう×椎茸×豆腐の組み合わせで摂れる栄養!


f:id:aoisorax:20200904212606j:image

*茄子と小松菜の煮浸し

f:id:aoisorax:20200903110134j:image

*じゃがいもと山芋のハンバーグ
f:id:aoisorax:20200904212559j:image

*豆腐、大根、椎茸、つくね、ごぼうの煮物

SNS映えを狙っているわけでは無いので、基本的にいつも通りの盛り付け方です。

 

ごぼう+椎茸

がん予防、美肌効果

ごぼうとしいたけの食物繊維の組み合わせでリグニンが発がん性物質を吸収し排出し、がん予防や美肌効果に繋がります。

 

ごぼう+豆腐

血中コレステロール低下、ダイエット効果

ごぼうの食物繊維は血中コレステロールを下げ、腸内を整え、豆腐の高タンパク低カロリーは内臓脂肪を燃えやすくしてダイエット効果も期待出来ます。

 

山芋+じゃがいも

がん予防、老化防止

→じゃがいもの皮に含まれるクロロゲン酸にがん予防効果があり、山芋にもがん予防の他、老化防止成分があります。

 

大根+ごぼう

がん予防

→大根の消化酵素は胃腸の働きを整えたり、発がん性物質を解毒してくれたり、とがん予防にもなります。

 

茄子+ごぼう

動脈硬化予防、がん・高血圧予防

→茄子の皮に含まれるナスニンとごぼうが血中コレステロールを下げ動脈硬化を防いだり、ナスの活性酸素ごぼうの食物繊維でがん予防にもなります。

 

この日の晩御飯で1番気に入ったのは山芋とじゃがいものハンバーグ!

すった山芋にチンしたじゃがいもを入れて小麦粉と味付け胡椒を混ぜてフランスパンで焼くだけ。

 

山芋は生で食べる方が酵素が摂れますがたまにはホクッとしたのが食べたい!と火を通して食べるのも美味しいですよね。

 

 

じゃがいもに山芋を入れても小麦粉が入っているので食感はじゃがいも餅+ちょっとフワッみたいな感じです。

 

さすがにこのままだと味が薄いので食べる時はお好みのソースやタレにつけて食べてくださいね。

 

ちなみにこの日はケチャップマヨで食べました。

 

栄養よりも「まごわやさしい」

栄養を考えて献立を考えている訳ではなく、

「まごわやさしい」の内3種類摂れるくらいを目標に考えているだけで、

あとから調べるとあっ!この組み合わせいいんだ!と初めて知ることもあります。

 

まずは栄養を考えるというハードル高めに設定するよりは、好きなものを食べる→ちょっと野菜を増やしてみる→色とりどりの見栄えを考える→まごわやさしいを考えるというふうな具合でマイペースにしていけばいいと思います。

 

もちろん毎日はしんどいと思うので、毎日頑張るよりかは長く続けることを前提に、

しんどければたまにはサボったり、好きなものだけを食べる日を作ったり、

ストレスが溜まっては意味が無いので、たまには発散することも大切です。