二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

ご飯作るの面倒なら家出る前に食材だけ切る、私が思う効率のいい料理工程。

 

毎日毎日仕事にご飯に家事、他にも色々やることがあって、美味しいご飯が食べたいと思うものの面倒に感じたり、急いで作ったりする事もありますよね。

 

このブログでも色々食について色々書いてきましたが、日々色々思うことがあったり、生活習慣が変わったり、発見があったりして、常々試行錯誤です。

 

家出る前に10分で食材を切っておく。

朝早い仕事や用事で疲れて帰ると包丁握る気にもならない。そんな日は支度をして家を出るまでに10分だけキッチンへ立ち、切れる食材は全て切っておきます。

どうしても色が変わりがちな野菜や、水に栄養が流れ出たり、そんな野菜は帰ってからです。

 

大切なのは10分という時計との戦い。これに勝つと帰ってからは炒めたり焼いたり煮込んだり。まな板や包丁を使わなくてもいいと思うだけで負担が軽くなります。

 

普段の料理

一汁二菜でほぼ毎日作っていますが、普段晩御飯を作る時は前もって食材を切ることはせず出来れば同時進行で、出来上がりの香りや味を重視したいので作り置きもしていません。

 

私の場合は米とぎやお弁当、片付けを入れて約1時間くらいです。

 

これが早いか遅いかは各家庭の作る品数などにもよるので分かりませんが、だいたいいつも副菜カット→チンか茹でるか炒める→その間にスープの食材カット→スープ作る→煮込む間にメインカット→メインを焼くか煮るか炒めるかと同時にお弁当、米とぎ、片付け

と言うふうな順に作ることが多いです。

 

この順序で作ると料理の完成と片付けがほとんど同時に終わるのですごい達成感で気に入っています(笑)

 

カンニングペーパー

 

www.enjoy-housewife.work

 

 

前にも書きましたが基本的に目分量の気まぐれ味付けで、黄金比で作りたい時は調味料の割合が書かれたレシピ本やネットをガッツり見て覚えません。

 

最近は放っておくと手の込んだ料理やまごわやさしいばかりに気を取られる(前回の記事参照)私が暴走しないようにと、料理エッセイのレシピをメモ書きしたり、美味しかったオリジナルレシピは名詞より少し大きめのカードに書いて、ハガキホルダーに入れています。

 

あとはいつも通り自分なりのレパートリーと組み合わせる。

 

何も考えずに食材を買う→各食材のレパートリーを考える→曜日別で組み合わせる→行き詰まったら乾物や卵などに頼る→まごわやさしいがとれてるか確認する

 

最近始めたばかりですが、気負わず今のところ料理が出来ています。

 

あとは気に食わないキッチンの配置があれば時間の空いた時にガンガン変えていく。ただそれだけです。