二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

シンプルが1番。家にあるものだけで作れる椎茸と高野豆腐のお出汁が美味しい簡単ちらし寿司。

 

毎年ひな祭りの季節になると食べたくなるのがちらし寿司。

独身の時はいつもひな祭りにちらし寿司を食べていたので、今でも毎年作っています。

 

広告やレシピでよく見るちらし寿司は海老や海鮮が乗っていて超豪華。

我が家はどちらかというとお酢や椎茸のお出しを味わうシンプルなちらし寿司。

 

それでも干し椎茸が必要だったり錦糸卵が必要だったりで値がかさんだり、焦げてしまったり。

 

今回はわざわざ買わなくてもお家にある生の椎茸や高野豆腐で簡単に作れるちらし寿司を作ってみました。

 

材料

  • 絹さや
  • 椎茸(小)5つ
  • 人参
  • 高野豆腐1枚(小さい小分けタイプだと5個)
  • (お好みでみじん切りにした蒟蒻)
  • ご飯3合
  • 卵2個
  • お酢
  • 蜂蜜(砂糖でも可)
  • 醤油
  • お出し(できれば白だし

 

手順

 

ご飯が炊けるまで

お米は始めに洗って目盛りより少なめの水で硬めに炊いておく。

 

炊いている間に小鍋に白だし50ml(4倍濃縮)と水150mlを合わせ、蜂蜜、酒 、醤油 を各大匙1入れる。

 

人参のみじん切りと絹さやをレンジで下茹でし、スライスした椎茸、高野豆腐(1枚)と一緒に小鍋に入れ火にかける。煮立ったら軽く炒め煮にする。

 

5分ほど煮て水分が少なくなったら火を止め、しばらく置いて味をなじませ、冷ましておく。

 

冷めたら高野豆腐を絞り細かく切っておく。

 

ご飯が炊けたら

ご飯が炊けたらボウルに移し、お酢と蜂蜜を大匙4 塩はひとつまみくらい入れ、切るように混ぜる。

 

馴染んだら軽く冷ましラップをしておく。

 

錦糸卵は卵2個を割り、酒、蜂蜜、塩を少量入れよくかき混ぜる。

 

1番大きいフライパン(出来れば26か28cm)に薄く油を塗りフライパンが温まったら弱火にし、流し入れる。

 

あとは全体的に火が通れば縁を剥がしゆっくりと裏返し、裏面も同様に焼いたら完成。

 

程よく熱が取れたら折りたたんで適当な細さに切って器に入れておく。


あとは食べる前に具材とお米を合わせ切るように混ぜたら器に盛り錦糸卵を散らせば完成。

 

干し椎茸を使わずともお出汁に椎茸のお出汁が出て鼻にふわっと香りが抜けますし、口に入れると高野豆腐からジュワッと溢れるお出汁が美味しいです。我が家では二人暮らしなのに3合炊いても晩御飯+おにぎり分くらいしか残らないくらい主人にも大好評なちらし寿司です。(写真の錦糸卵は半熟状態で切ってしまった為細くないです(笑))

 

※絹さやを混ぜこまないでトッピングにしても色鮮やかで綺麗です。
f:id:aoisorax:20200309091853j:image