上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

二人暮らし、家事の頻度とおすすめしたい家電。

 

同棲することなく結婚したので、結婚する時にサイズや容量が何もわからず、これでいいかと適当に家電を買った我が家。

いざ使い出すと次はこんなのがいいなぁと色々見えてきたので、書き出してみました。

 

 目次

 

二人暮らし、洗濯機のサイズと容量


我が家は二人暮らしですが、季節に関わらず毎日洗濯しています。

 

だいたい容量は多い冬で

・下着×2人分

カッターシャツ

ジーパン

・バスタオル(大)×2

・フェイスタオル×3

・ハンカチ大の布巾×2

・パジャマ×2(冬はモコモコ)

ヒートテック×3

・メッシュTシャツ

・タイツ×2

・靴下×3

 

普通の二人暮らしの家よりは主人の仕事の服が多いので容量も多め。

 

買う時にドラムタイプと迷いましたが、縦型の方が汚れが落ちやすかったり、お手入れがしやすかったり、容量の問題や、ドラムタイプだと洗えない服があったり、あとは日当たりがいい家なので乾燥機がついていない縦型にしました。

 

夏は服がかさばらないので、洗濯機の半分くらいの量でいけますが、冬は特にパジャマがモコモコなので9キロの洗濯機でもパンパンで困るので、次はもうひとつ大きいサイズにしようと思っています。

 

洗濯物に茶色い付着物がつき始めれば、残り湯を使って過炭酸ナトリウムで庫内を洗浄しています。

 

掃除機は紙パック式とルンバ


掃除機は昔ながらの紙パック式。
充電式や直接ゴミが捨てられるものも今ではたくさんありますが、二人暮らしなので出る埃もゴミも知れてますし、紙パック式の方が値段が抑えられてかつ、寿命も長いのであまり高いものは要らないかと買っていません。

 

紙パックも1年に1度替えるくらいで、ゴミでパンパンになることも無いので調度良かったかなと思っています。

 

キッチンや洗面所などは埃やゴミ、髪の毛が良く落ちているのでそこは定期的にルンバにお任せしています。

 

あと掃除機を持ち運びするのが面倒なので、各階に掃除機を置いています。

 

頻度は1階だとだいたい週2(火・土)で掃除機、週1(木)でルンバ+部分掃除くらい。

 

2階は週1で掃除機かルンバをするくらいです。

 

トイレは一体型がおすすめ


トイレ掃除は毎日していますが、毎日ゴシゴシすると傷が入って逆に雑菌の住処になってしまうので、普段はウォシュレット対応のお手洗いのところにおく洗浄剤+拭き掃除だけで、週1で便器をゴシゴシしています。

 

あとは、たまに便器内の水が流れてくるところに水垢が溜まるのでハイターでつけ洗いするくらいで、黒縁汚れなどは今のところ全くありません。

 

最近便器+お手洗い一体型がかなり減っていますが、お手洗いと便器がバラバラだと掃除が大変なので、我が家は一体型を選びました。


お風呂掃除は10分


お風呂は今流行りの1坪タイプですが、昔のお風呂に比べるとパッキンがあまりないので基本的にカビが生えにくく助かっています。

 

夏はシャワーなので普段は身体を洗う側だけ、週1で湯船の方も洗っています。

 

冬は普段は普通に掃除して、週1で排水口やお風呂のフタ、棚などを洗濯機のゴミ取りと合わせて掃除しています。

 

週1で綺麗に掃除した日は仕上げに水垢が気になる場所にハイター、排水口にパイプ用洗剤をかけて髪の毛等の詰まりを防いでいます。

 

普段は風通しを良くするために窓やドアは全て開けているからか水切りしなくてもほとんどすぐに乾いてくれます。

 

洗面所はついで掃除


洗面所は毎日支度をしたあとにスポンジでサッと洗っています。週1でパイプ用洗剤をかけ、垢が気になればメラミンスポンジでこすり落としています。

 

食洗機は深型がおすすめ


食洗機は時間短縮と節水の為にもおすすめしたい家電ですが、日本メーカーであれば、出来ればキッチンはめ込み型の深型をおすすめします。

 

値段は張りますが、二人暮らしでも浅型だとフライパンやまな板、お弁当箱が入らなかったりで、結局手洗いするはめになるので、ほとんどの食器をまとめて洗いたいという方は特に深型をおすすめします。

 

本当に食洗機で節水出来るのかという事に関しては確たる証拠は無いですが、約1分で12L流れるとされているので、手洗いで余程節水されてる方には負けますが、普通に洗ってる方だととんとんくらいか食洗機の方がいいと言われています。

 

食洗機はメーカーにもよりますが、洗濯機のようにため洗いをするので、ずっと水が出ているわけでは無いので給湯器もずっと動いているわけでは無いです。

 

庫内の清掃はクエン酸でするか、家庭の給湯器にもよりますが、60度で食洗機を使えばカビの増殖は抑えられるとされているのであまり心配はありません。

 

サンコーのラクアは水道要らず

サンコーさんから発売されている水道要らずのタンク式食洗機ラクアは深型では無いのですが、水道に繋ぐ必要が無く、届いたらすぐに5Lの水を入れるだけで食器が洗えます。

 

我が家で使っている食洗機が約10L必要なので水の量だけを見るとかなりエコです。

 

排水はタンクやバケツにするので、バケツさえあれば賃貸や建売住宅で食洗機がない場合でも設置場所に困ることなく使うことが出来ます。

※一般的な食洗機同様に水道に繋いで使うことも可能。

 

洗浄モードは「通常洗浄/スピード/エコ/強力洗浄/水洗い」の5種類で、50℃以上の高温のお湯を、上下から噴射して、食器を強力に洗浄。洗浄後には、高温の温風で乾燥させる機能がついており、容量はだいたい3人分(16点)くらい。

 

少し小さめですが、その分お値段も29800円とお手軽。一人暮らしや二人暮らしで食器が少なめの方に調度いい大きさです。

 

冷蔵庫は扉の収納力が重要


二人暮らしでほとんど毎日ご飯を作る我が家は410Lくらいの冷蔵庫を今使っています。チルド室で食品を半生で保存出来る機能等最近色々ありますが、必要無いので普通のチルド室タイプを選びました。

 

使っていて冷蔵庫はこのくらいで調度いい大きさですが、冷凍庫と野菜室がもう少し大きいものがいいなぁと思っています。

 

あとは観音開きよりも両開きよりも片開きを選んで良かったです。

 

各引き出しの収納や野菜室と冷凍庫の順番も大切ですが、私が重視したのは冷蔵庫の扉にしまう収納の容量。

 

牛乳やジュース、お茶や調味料、チーズが立てられるか、全て収まりそうかという点。

 

具体的には

・牛乳×2

飲むヨーグルト

・お茶×2(夏)

・麺つゆ

・ポン酢

・チーズ

・ベーキングパウダー

イースト菌

からしわさび

・タバスコ

甜麺醤豆板醤

・粉チーズ

・ケチャップマヨネーズお好みソース

・ジャム

 

これだけの量が扉の収納に収まらないと不便なのでこれは結構しっかり見ました。


かなり字数が多くなりましたが、二人暮らしの家事の頻度とおすすめしたい家電特集はここまでです。