上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

主婦がコロナウイルスで感じたチラシの大切さと、日用品のストック。


コロナウイルスで少なからずとも多少は各家庭に被害や損害があり思い浮かぶのは悪いイメージばかりですが、反対にコロナウイルスをきっかけに普段の生活の見直しをしたりして勉強になった点があります。

 

スーパーのチラシの大切さ


コロナウイルスでチラシ自粛のスーパーやお店が増える中、我が家行きつけのスーパーはあえて買い物の時間短縮にとチラシをネットに上げ続けていてくれたのです。

 

確かにチラシをうつと特売の商品を買おうとお客さんが増えるリスクも確かにあるのですが、働いている人、子育て等で忙しい主婦(夫)等にとってはチラシを見てリストアップしてから余計なものは買わずにサッと買い物が出来るので有難く、おかげで今日は何が安売りなのかと無駄にスーパーに通うことも無く、以前と同じように買い物が出来ました。

 

また、空いてる時間やこういった対策をしていますなどのお知らせも掲載されていたので、凄くチラシを重宝しました。

 

そしてもうひとつ。


日用品や調味料をストックしておく大切さも改めて痛感しました。

 

 

www.enjoy-housewife.work

 

以前の記事にも書きましたが、我が家の日用品は普段から3つずつストックしており、1つ減ったら1つ買い足すという生活をしていたのですが、コロナウイルスで出来るだけ外出を控えようと今回は緊急自体宣言が解除されるまでこのストックを切り崩しながらの生活をしていました。

 

予想外だったのは小麦粉や強力粉の売り切れ。


毎週パンを焼く我が家にとっては必要不可欠な物ですがスーパーに行ってもホットケーキミックスと同様に売り切れていることがありましたが、小麦粉や強力粉も普段から2つ3つストックしてあるのでどうにか食い繋げられました。

 

備えあれば憂いなし まさにこの言葉の通りで、今回のように予想出来なかった事態になっても、普段から買い揃えておく事である程度は普段通りの生活が出来ます。

 

もちろん大量にストックしておけばいいというものではなく、各家庭の消耗のスピードにもよるので、1個1個の消費にどれくらいの時間がかかるのか何となく把握しておけば、こういった事態になっても焦らずに生活ができます。

 

最近では合わせて各地で地震も起きているので、家にいる時に起こるかは分かりませんが、多少の食料や日用品を置いておくことで少しは安心かなぁと思います。

 

まだ長引きそうなコロナウイルス。確かに外出を普段より控えたりする事も多くストレスが溜まったりする負の部分もありましたが、こうやって普段の生活を振り返ると何か一つでも考えさせられたり、思い直すことなど勉強になる部分もあるのでは無いでしょうか。