上級食育アドバイザーが作る"美味しい1品"。

上級食育アドバイザーが一人暮らしや仕事帰りで疲れた皆さんに"美味しい1品"をお届けするブログ。献立やこんな時にはこんなご飯がオススメ!など体調に合わせたご飯を食べられます。

二人暮らしのおせち料理。今年は煮込みっぱなしの黒豆、香ばしい田作り、染みて美味しいお煮しめ、レンジで鶏チャーシュー、他。

 

二人暮らしな上にそんなにお互いおせちが好きじゃなかったりで、作ってもチャーシューや黒豆、田作りくらいで2段のお重もスカスカだったのですが、今年はもうちょっと挑戦してみようと作ってみました。

 

黒豆

いつもは半日前くらいから水につけて煮込んだり、炊飯器で作ったりするのですが、今回は煮込んでから半日寝かしてまた煮るという方法で作りました。

 

分量は小鍋に黒豆100gに蜂蜜100g(甘さ控えめならもう少し少なめ)、水500ml,醤油小さじ1,塩適当を入れて沸騰させる。

 

12時間くらい置いてまた沸騰させ軽く混ぜたら、落し蓋をしたら蓋をして他のおせちを作っている間ずっと弱火で煮込む。

 

味見をして柔らかくなっていれば完成。


f:id:aoisorax:20191230160828j:image

 

田作り

いつもはそのまま小魚を入れてタレを絡めますが、今回は炒って器に移し、タレにとろみが出たらいりこを戻して熱々のタレと胡麻を絡めて完成。

 

分量は濃口が大さじ2,蜂蜜が大さじ2,酒か大さじ3,みりんが大さじ1で小鍋で沸騰させた状態を保ちつつ弱火で煮詰めるだけ

 

タレは冷めると取れなくなるので、お水を入れて沸騰させれば片付けも楽ちんです。


f:id:aoisorax:20191230160838j:image

 

かまぼこ

年越しそばやお雑煮にも入れるのでお重には少しだけ。

 

お煮しめ

里芋は「す」が入っていたり、傷みやすい印象があり、あまりいいものが売っていなかったので、代用で長芋を入れ初挑戦しました。あとはごぼうや筍は買わず椎茸、人参、蒟蒻、蓮根、我が家で採れたスナップえんどうを入れました。

 

分量は水2カップに昆布20g,白だし適当を入れて下茹で等が終わった野菜を入れたら、醤油蜂蜜みりん大さじ2,酒大さじ1を入れて煮込む。(沸騰する直前に昆布は出してください)

 

火のとおりにくい人参や里芋、蓮根に火が通ればあとは冷ますだけ。


f:id:aoisorax:20191230160850j:image

 

だし巻き(伊達巻の変わり)

伊達巻って甘すぎて小さい頃に沢山食べた影響か食べ飽きてしまったので、主人リクエストのだし巻きにしました。


f:id:aoisorax:20191230160858j:image

 

鶏チャーシュー(毎年恒例)

いつもは小鍋に生姜や調味料、お葱ともも肉を入れて5分煮込んであとは余熱で火を通すやり方で作っていましたが、お鍋が混んでいるので今年はレンジで鶏チャーシューに挑戦しました。

 

分量はみりん酒が大さじ2,薄口が大さじ2,蜂蜜が1,にんにくと生姜のすりおろしとお葱の分かれ目の部分を耐熱容器に入れて真ん中に丸めた(爪楊枝で止めても良し、糸で巻いてもよし)鶏もも200g~250gを入れてキッチンペーパーで密着するように落し蓋。

 

あとはラップを軽くしてレンジ500wで3分。こうすると目を離してても吹きこぼれることがほとんど無く簡単にチャーシューが作れます。


f:id:aoisorax:20191230160911j:image

 

ちょっと冷めたらお肉をひっくり返して味を染み込ましてください。

 

出来上がり。


f:id:aoisorax:20191230234114j:image

 

思ったより見栄えよく作れました。