二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【3年ぶりの健康診断】お酒×・油苦手な私が肝臓で引っ掛かった原因は何!?


先日結婚前以来約3年ぶりの健康診断を受けてきました。3年も健康診断を受けていないのでコレステロール値が上がっているのではないかと不安だったのですが、コレステロール値は何故か下がっていました(笑)

 

ところが肝機能検査で引っ掛かってしまったのです。

 

私には後遺症があるので対してお酒も飲まない、胃がすぐにムカムカするので脂物は人よりも食べれないので肝硬変や脂肪肝とは考えづらく、輸血や刺青もしたことがないのでC型肝炎等にも当てはまらないと考えました。

 

そもそも肝臓ってどういった働きをしているのか、数値が高いとどういった病気が考えられるのか、私の肝臓は今どういった状態にあるのかと調べてみました。

 

肝臓の働き

  1. 体に必要な糖・蛋白・脂肪を身体で使えるように変換・蓄え、必要な時にエネルギーとして供給する。
  2. アルコールや薬等、有害物質の解毒・分解。
  3. 食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌※胆汁の働きは脂肪を乳化させて消化しやすくする・老廃物を排出する。

 

肝臓の基準値と可能性
  • AST(筋肉、血など広い範囲に存在する物質)
  • ALT(肝臓に存在する物質)

 

AST、ALTの両方の数値が高い場合や、ALTだけが高値を示す場合は肝障害の可能性が高く、反対にASTが高い場合は心筋梗塞や筋疾患など肝臓以外の病気の可能性があります。


肝臓の細胞が急激に崩壊する急性肝炎ではASTの方が数値が高く、慢性肝炎や肥満による脂肪肝ではALTの数値が高く、肝硬変や肝癌では正常な肝細胞が少なくなるためASTの数値が高くなる可能性が高いです。

 

健康診断の基準は各30u/lまでとされているので私の場合だいたい15~25u/l高いことになります。

 

肝臓の病気

代表的な肝臓の病気と言えば

でしょうか。

 

ちなみに調べるまで知りませんでしたが、非アルコール脂肪肝炎は生活習慣の乱れや内臓肥満、ストレス、働く時間が遅いなどが原因であったりします。また、中性脂肪が30%以上になると脂肪肝と呼ばれます。

 

もちろん痩せていても脂肪肝になる可能性もあるのでこの非アルコール脂肪肝炎が再検査に行く前の今の時点で一番当てはまりそうな病気だと思っています。

 

私の原因


f:id:aoisorax:20190830164715j:image

↑今回の健康診断の結果です。

 

さて、健康診断の備考欄に精密検査を受けてくださいと記載されていたので再検査(血液検査、エコー)を受けてきました。

 

検査の結果ですが正常値に戻っており、検査の1週間前に出た謎の熱の時に飲んだ頭痛薬で肝臓に影響が出たのか、ウイルスの影響ではないかということでした。