二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【二人暮らしのシンプル料理】シンプルが一番楽で美味しい、料理がしんどい人におすすめしたい料理法。


f:id:aoisorax:20190802140020j:image

毎日毎日ご飯を作ってると時々嫌になって、何もしたくたくなるので、どうにか気分を持ち直させるために料理に対する負担を減らせないか考えました。

 

シンプルが一番美味しい

本屋さんへ行くと沢山のレシピ本が並んでいますが、私はいつも料理エッセイを見たり、買うことが多いです。

 

最初は手間暇かけたご飯の方が良いと思っていて、色んな使い回しやいつも作らないような組み合わせで作ったりしていましたが、ほんまに心からまた作りたいと思えるレシピは一掴みくらいでした。

 

なのでもう変わったレシピはやめようと、本屋さんへ行って料理エッセイを手にしたことがきっかけで、シンプルな料理が手抜きじゃないことにも気づけました。

 

例えばお肉を塩胡椒で焼いたり、とうもろこしを芯のついたまま炊き込みご飯にしたり、もやしを鉄製フライパンで炒めて塩で味付けをしたり。

 

気が向いたら照り焼きにしたり、ドレッシングを作ったり。

 

有元葉子さんの「レシピを見ないで作れるようになりましょう。」の鉄製フライパンで作るもやし炒めは、すごい美味しくて驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

 

確かに凝った料理も美味しいですけど、シンプルな料理は素材の美味しさが際立ちますし、レシピ無しで簡単に作れるので気持ち的に負担が減ります。

 

シンプルなレシピだけではレパートリーが少ないのであとは自分なりの王道が作れれば普段のご飯はレパートリー十分。

 

凝った料理は日曜日だけ、手抜きは土曜日、と決めているので平日はだいたいシンプルか王道ご飯です。

 

料理エッセイから学んだこと

料理エッセイに求めていることは今もやもやしてる心のストレスを軽くしてくれること。

 

例えばお肉を焼くだけで美味しいことは誰でも知ってると思いますが、手抜きな感じがして無理にタレやドレッシングを作ってしまう。

 

それが料理エッセイに出会ってからは、焼くだけでいいんや、これもいいんや、あれもいいんや、と。

 

色々読んで特に心に響いたのが、

  • 家庭ではお出汁をとらなくてもいい
  • 一汁一菜でもいい
  • 冷蔵庫から選んでさっと作れるくらいでいい
  • 焼くだけ炒めるだけでいい

 

料理方法も多様化する今のご時世、料理に懲りすぎたり、手間暇かけすぎてるところもあるのかなぁ、と。

 

もう少し気楽に構えてもいいなぁと読むといつも思います。

 

食事ガイドバランスに当てはめて考えるだけ

 

www.enjoy-housewife.work

 

あと気になるのはバランス。

過去の記事でも書きましたが、

  • まごわやさしい
  • 食品6群

を、していましたがまたしんどくなって来ました(笑)

なのでもう少し気楽に献立を決められないかと今は農林水産省の「食事ガイドバランス」を参考にしています。

 

食事ガイドバランスは

  • 主食
  • 副菜(野菜、芋類、キノコ、海藻)
  • 主菜(お肉、卵、魚、大豆類)
  • 乳製品
  • 果物

の5つに分かれています。

 

なんでこの食事ガイドバランスで考えるかと言うと、シンプルな料理こそ単体で炒めたり、焼いたりすることが多いのでどうしても副菜で補わないと食べる野菜の数が減りがちなんです。

 

このガイドバランスだとだいたい毎日食べれそうな組み合わせなので今のところ無理無く出来ています。

 

傷みやすい胡瓜や使い回しが難しいパプリカ、ちょっと余った大根や人参はピクルスにしておくと日持ちもしてオススメです。

 

あとはニンニクの醤油漬けの他に、お酢やごまも出来るだけ気をつけてとるようにしています。

 

私がおすすめする料理エッセイ

私がおすすめする料理エッセイはその人の考え方だけじゃなくて、シンプルなレシピも載っていて見てるだけでお腹が減ってくるようなもの。

 

一田憲子さんの「面倒くさい日も美味しく食べたい!」は特にオススメで、料理にしんどくなった時にいつも見て、暴走しがちな献立をシンプルに戻しています。

 

毎日の料理がしんどい、作りおきや色んなレシピ本を見て試したけど続かなかった方は一度読んでみてください。

 

私も作りおきや食材を買ってきた日に細かく切ったり、色々工夫をしてみましたがどれも自分には合わず、漸く納得できる料理法に出会えました。

 

作りおきや細かく食材を切るのが私に合わなかったのは、平日は楽でも休みの日にまとめて作る時間をとるのが難しく、休みの日に用意できないと平日またバタバタしてしまうことがあったからだと思います。

 

ほんまに家庭料理って気負わず気楽に作るもの。

外食は家庭で作れない料理を食べに行く。

 

そんな毎日でいいと思う。