二人暮らしの毎日。

二人暮らしの毎日。兼業主婦、子供無し。二人暮らしでの食生活や家事について書いています。

【梅雨の除湿器と晴れの日の外干し】数回試して行き着いた早く乾かす方法

 

我が家で梅雨時期になると使うのが、「除湿器」「pid」「カザグルマ」。

 

我が家の洗濯機は乾燥機がついていないものをあえて選びました。お風呂場にカワックもついていますが、朝お風呂を洗うのでカワックを使うもんなら洗濯物が湿気だらけになってまともに乾いてくれない。

 

そこで3つを駆使して乾かしています。

 

除湿器は3タイプある
f:id:aoisorax:20190712094107j:image

除湿器は「コンプレッサー式」「デシカント式」「ハイブリッド式」と3タイプあります。

 

  • コンプレッサー式

エアコンと同じ仕組みで部屋の湿気を冷やして水に変える方式で、デシカント式やハイブリッド式と比べると消費電力が少ないです。

 

ただ、気温が低い時期に使うとそれなりに時間がかかったり、稼働中は音が気になる方もいます。

 

なので暖かい時期に向いた除湿器という感じです。

 

  • デシカント式

ゼオライトという乾燥剤に湿気を含ましてその湿気をヒーターで暖めてから冷やして水に変えます。

 

ヒーターがついているのでどの季節でも使いやすく、コンプレッサーが無い分軽いのですが、どうしても消費電力が大きくなってしまい、電気代がコンプレッサー式よりも高くなってしまうのと、部屋が暑くなりがちです。

 

  • ハイブリッド式

コンプレッサー式とデシカント式を二つ組み合わせたもので、夏はコンプレッサーで部屋の温度上昇を防ぎ、冬はデシカントのヒーターで服を乾かします。

 

デメリットは二つ合わさったものなので除湿器の大きさが大きめになっています。

 

我が家はコンプレッサー式

我が家はアイリスオーヤマのコンプレッサー式除湿器を暖かい季節だけ使っています。冬場はガスファンヒーターをリビングで使っているので除湿器を使うよりもガスファンヒーターで乾かした方が部屋全体が暖まって服も早く乾くので冬場除湿器は使っていません。

 

除湿器は家で1番狭い空間で使う

除湿器によく何畳~何畳までというふうに書かれていますが、その広さに関係無く家で1番狭い部屋で使った方が早く乾くので、我が家では洗面所で乾かしています。

 

お風呂場で乾かすと早く乾くとよく聞きますが、最初にかいた通り我が家では朝にお風呂を洗うのでそれは✕。

 

pidとカザグルマ
f:id:aoisorax:20190712085348j:image

除湿器と合わせて使っているのですが、あまり人に知られていない気がするので簡単に特徴を書きます。

 

  • pid4m

森田アルミ工業から販売されている商品で、2009年にグッドデザイン賞を受賞。干したいときに部屋の片側から片側へワイヤーを渡せるというもの。約10キロまで耐えられ、ワイヤーが4mも伸びます。また、ワイヤーを戻すときに離してしまっても怪我をしないようにゆっくり戻るので安心です。

 

カザグルマというなの通り風でくるくると回る物干しです。ハンガーに服を掛けたまま干せるものは他にあまりないので重宝しています。上にはタオルや靴下などを洗濯ばさみで挟め、上の部分もくるくると回ります。

 

私の知る限りネットでしか販売していないのと、普通の物干しよりも少し高いのですが、高くても買って良かったと思っています。

 

このカザグルマ除湿器から出る風を当てるとくーるくる。上手く回らないときは服の重さを左右で同じくらいにしたり、服の長さを調整すると上手くいきます。

 

晴れの日は風を見方に

晴れの日は外干ししているのですが、風の向きをよく考えて干しています。我が家の場合左側から強い風が吹くので左側に乾きにくい洗濯物を、右側に薄い乾きやすい物を干しています。

 

また前から日が当たるので前にタオルや丈の短い物を干し、丈の長い服を後ろに干しています。

 

冬場は乾きにくい服を2階に干す

温度の高い夏場は1階で洗濯物を乾かしていますが、乾きにくい冬場は分厚い服だけを2階に干しています。

 

これは湿気が関係しているのですが、1階に乾きにくい服を干すと地面から上がってきた湿気で乾くのに時間がかかるんです。

 

2階に干すと地面から上がってきた湿気がある程度蒸発しているので1階よりも乾きやすいと言うことです。

 

冬場の雨の日

先程も書きましたが冬場の雨の日はリビングでガスファンヒーターの風でカザグルマをくるくるさせながら乾かすとだいたい2時間もあればほとんど乾いてしまい、部屋の湿度も保たれるので一石二鳥です。